森の賢者を目指すブログ

持論を垂れ流します。目下の目標は本嫌いの人を一人でも減らす事です。少しずつ文章の構成力とかも上げていきたいです。どうか皆さんお付き合いくださいな。

#32  経営者と労働者の相違に関しての持論 (他)

こんにちは。ほーすけです。

7月ですね。あれ?もう終盤??そんなバカな・・・

何者かによって記憶を消されたというのか・・・?

 

冗談はさておき、今回もデータやグラフは一切出てこない、

持論ダラダラのコーナーです。

気軽に飛ばし読みしてください。

 

 

シンプルに僕の考えでいきますと、経営者と労働者の違いは、

仕事という概念の認識の違い。とでも言いましょうか。

 

仕事とは??

 

経営者

特定の事柄において、どうやってお金に換える仕組みを作るか

無ければ新しい物を創る。

 

と考えてるんじゃないですかね。付加価値って言葉がわりとキーワードだったりします

 

労働者

履歴書を送ってから仕事を与えてもらう。

とりあえず言われた事をやる。言われてない事もやると優秀。

 

労働者はこれで合ってると思います。

ぶっちゃけ経営者の方は想像ですごめんなさい。

 

 

 

社会派のテレビとか見てて思うのは

経営陣は現場ではなかなかに役立たず

って事です。

 

ここで大切なのは

仕事を与える人間と、与えられる人間の能力はまったく別種だという事。と

どちらが収入が多いか?そして未来があるか?です。

 

巷では「ほとんどの仕事が限りなく無人化される!」

と騒がれていますよね。「労働」は人間の「仕事」では無くなるでしょう。いつか

 

てな訳で少し見てみたところ、Wikipedia先生によると

労働(ろうどう、英: Labor)とは、. からだを使って働くこと。 (経済学)人間が自然に働きかけて、生活手段や生産手段などをつくり出す活動のこと。 .... 労働基準法第9条では「職業の種類を問わず、事業又は事務所に使用される者で、賃金を支払われる者」定義される。 使用者の指揮命令を受けて労働力を提供し、その労働の対価として賃金を支払 ...

らしいです。

 

機械と人間。作業をさせるのはどちらがいいですかね?

 

あなたは工場の社長さんです(少し変?まぁ細かい事は気にしない)

とっても高いお仕事ロボが販売されました。

5台買えば、今工場で働いている人を全員クビにしても問題なさそうです。

計算してみたところ、4ヶ月でお仕事ロボの料金は回収できそうです。

(従業員のみんなをクビにして浮いた人件費でね)

あなたは人間を雇い続けますか?お仕事ロボに代えちゃいますか?

 

家庭用ゲームよりなんだかんだソシャゲの方が高くつくんですよ。

それに似てる気がしますね。

 

あえて言うのならば

人間は会社を辞めるかもしれません。

都合で突然休むかもしれません。福利厚生で手厚く守らなきゃいけません。

なにより、お給料をあげ続けなきゃいけません。

一方機械は

最初は高くつきますが、導入コスト分を回収したら、

そこから先はひたすらお金が湧き出る泉です。

休憩も要らないし、文句も言わない。面倒なコミュニケーションも無し。

ラクチンですね。

 

 

さて、あなたが上司からある日かけられるセリフをシュミレーションしてみましょう。

A

「君も例の機材導入は知っているだろう?ははは、私も君をめっきり仕事が減ったなぁ!だが君はまだまだ若い、ここらで新しい事に挑戦してみたらどうだ?独立もいいな、うん。もちろん退職金には色をつけさせてもらう。君にとっても悪い話じゃない。そうだろう?」

B

「例の機材導入でもう君は用済みだな!ははは!心配するな、君には存在そのものに価値がある。本部に掛け合って、リストラ対象からは外してもらうさ!私と君の仲だろう、気にするな!」

 

どちらがリアルですかね?てゆうかそもそも、

Bパターンの言葉をもらえる人は、代替可能な仕事なんてしてないでしょう。

 

 

個人的な持論は続きます・・・

 

ユーチューバーと呼ばれる方々は、これからの時代の成功者のパイオニアだと思っています。(勝手に)

彼らは「その人間だという事に価値がある」訳で、体の内側から付加価値が湧き出して、お金がもらえます。

 

その逆は会社員。スーツに身を包み、髪は刈り上げ。

会社の規定に従い、上司に与えられた仕事をこなす。

会社の求める結果を出力できる存在が「優秀な社員」なわけですよね。

機械で良くないですか?それ。まだ無いから人間がやってますけど。

まぁ、真理は誰にもわかりません。

 

 

 

これから、良くも悪くも世界は大きく動きます。

完璧に未来を見通せるのは、それこそ人工知能だけではないでしょうか。

今が一番大事ですけど、未来だって同じくらい大事なはずです。

未来に目を凝らして情報を集めて、色々考えてみましょう。

あなたが嬉々として乗り込もうとしているのは、

金メッキでコーティングされた泥船かもしれないんですから。

 

かったるい長文を最後まで読んでいただきありがとうございます!

お互いに頑張りましょうね。ではまた!