森の賢者を目指すブログ

持論を垂れ流します。目下の目標は本嫌いの人を一人でも減らす事です。少しずつ文章の構成力とかも上げていきたいです。どうか皆さんお付き合いくださいな。

#22 ポール!! (映画)

貴方は宇宙人を信じますか?

こんにちは。地球人に擬態した地球外生命体、T0M0です。

僕が友人と映画の話をすると必ずと言っていい程に話題に上る映画があります。

 

宇宙人ポール

f:id:t0m0-blog6:20170630000059j:plain

洋題はPAULなんですけどね。日本に入ってくると、なんかタイトルが長くなる傾向がある気がします。

「Tangled」が「塔の上のラプンツェル

「Frozen」が「アナと雪の女王」に。センスが問われますね。

そういえば、マトリックスの字幕でミフネは何故にミフネ船長だったのだろう。船には乗ってなかったと思うが・・・ミフネ隊長の方がしっくりくるんだが・・・

まぁそれは置いておいて、この映画有名ですよね??

少なくとも僕の周辺では皆に人気の作品です。

 

核心には触れない様にしますが、若干のネタバレになる事もあるかもなので、前情報なしで観たい人はここまででお願いします!

 

 

 

 

ザックリのあらすじは、男2人と女1人のパーティーが、逃走中の宇宙人のポールが故郷の星に帰る為の協力をする。って感じですね。

序盤は冴えないオタク2人のゲイっぽい絡みが続くんですが、何故か引き込まれるんですよね(笑)

んでポールが出てくる。普通に歩いて。

下品なアメリカンコメディアンみたいな宇宙人と一緒にいる内に話の流れでポールを助ける事に。

そしてヒロイン。ポールを目撃された事で急きょ誘拐。恋心から「連れて行って説得しよう」と言うもポールは「道に捨てろ」と一蹴。いちいち面白いっす。

宇宙人がパンツ下してケツを振って挑発するシーンはもはや衝撃(笑)

他にも映画上級者向けの小ネタが満載みたいです。半分くらいしか分からなかったです。くやしい。

 

大筋は王道なんですが、キャラクター達が脇役も含めて生きているので、世界観にハマってしまう作品ですね。皆で花火を打ち上げるシーンなんか、青春の夏を感じますよね(?)

こんな宇宙人と友達になりてーなー。と思わされるというか。

 

個人的には映画はやっぱり、ヘタにひねらずにストーリーは王道。キャラクターにしっかりと血が通ってて、演出で引き込めれば名作になると思うんですよねぇ。

ディズニーアニメーションで「一連の事件の犯人は主人公のもう一つの人格だった」なんて話が出てきたらKONOYONOOWARIですよ。

 

好きな映画が一緒だと話が弾みますよね。

コアな映画をチェックしてたら、意外なアノ人とも仲良くなれるかも?