森の賢者を目指すブログ

持論を垂れ流します。目下の目標は本嫌いの人を一人でも減らす事です。少しずつ文章の構成力とかも上げていきたいです。どうか皆さんお付き合いくださいな。

#8 気づいたらこの手の本が増えている・・・(軽)

こんにちは。T0M0です。

今回紹介したいのはこち

「うまくいっている人の考え方」

ジェリー・ミンチントン先生   弓場 隆先生訳

f:id:t0m0-blog6:20170608012826j:plain

自己啓発の本やメンタル的な部分の事を教えてくれる本は引き寄せられる様に買っていた気がする筆者です(笑)卒業したと思いますけどね、メンヘラなんでしょうか(笑)次は体のケアについて学ぼうかな?(健康マニアか)

 

無駄話は置いておいて、本の簡単な紹介です。

うまくいっている人の考え方、という事で様々な場面での心持ちを教えてくれます。

人生上手くいかないもので、自分を責めたり無力感に襲われる事も多いことでしょう。

しかし、そんな時にはしっかりと自分を大切にしてあげなさいという事が繰り返し強調されています。無理の多い現代のストレス社会で最近よく耳にする様な気がします。やはり人間、無理の先には結局明るい未来は無いのかもしれませんね。

自分を大切にする上で重要な言葉が本書では自尊心と定義されています。

ここでいう自尊心、「プライド」とは少しニュアンスが違います。もっと純粋に、自分を愛する事、そして他人にも同じように敬意を払う事。人間的、正しき道徳心の様なイメージです。

この事を踏まえた上で、100の項目に分けて「うまくいく考え方」がアドバイスされています。1項目が見開き2ページにまとまっているので、非常に読みやすいのが特徴です。漠然と自分に対する無力感や劣等感を感じている人。なおかつ読書の習慣が無い人に是非とも読んでみて欲しい一冊です。

大切なのは固く構えない事。自然体で、自分のペースで良いと思います。それを許してくれない社会があるのもまた事実。難しい時代かとは思いますが、これは貴方の人生。誰の為に生きるのか、それを決めるのも貴方自身のはずですよ。